2020年12月13日(日)
1級2次試験対策!!!

色彩検定関連記事まとめ

ペルソナ5ザ・ロイヤルはじめました。

スポンサーリンク
ゲーム

こんにちは。
いたみけいこ(‎@keiko_itami)です。

FF7リメイクを3周し、一通り終えたので、次のゲームです。

次はペルソナ5ザ・ロイヤルをはじめました。
私がプレイするのは久しぶりで、女神異聞録ペルソナぶりのペルソナシリーズです。
現在はカネシロパレスの予告状を出したところで、40時間ほどプレイしています。

スポンサーリンク

このソフトを選んだ理由

濃い作品にどっぷり浸かりたかったからです。
あとはFFの後だったので、現代が舞台のゲームをやりたい気分でした。

ペルソナ5概要

ペルソナシリーズは女神転生シリーズの派生作品です。
少年少女がペルソナと呼ばれる、自分の中のもう一人の自分を使って、オカルティックな事件に立ち向かいます。

ペルソナ5はキャラや世界観のデザインの端々にゴシック・パンク・ちょっとポップ系の要素が入っていて、オカルトとうまく噛み合っています。スタイリッシュでコスプレイヤーさんに受けそうな感じです。

ペルソナは誰でも使えるわけではなく、本作だと何らかのきっかけがあり悪い大人に対して反逆の精神が芽生えたときに覚醒します。
その覚醒シーンは最大の見所です。

主人公たちは普段は学校で通常通りの生活を送り、条件が揃うと「イセカイ」と呼ばれる場所に行き怪盗になります。
イセカイに行って悪い大人たちの心を盗み、改心させ、世直しを図るというストーリーです。

ジャンルはRPGですが通常の学校生活ではシミュレーション要素があります。
その行動によっていくつかのパラメータが変動し、普通の世界やイセカイで使う能力に影響が出ます。

主人公には敵を何体か自分のペルソナとして取り込む能力があります。ペルソナ集めもまたゲームの要素の一つです。取り込んだペルソナは合成をして別のペルソナにすることもできたりします。

ストーリーを楽しむ。キャラクターを味わう。ペルソナコンプを目指す。
いろんな楽しみ方があります。

やってみた感想

戦闘がむずかしい!
敵から見つかる前に襲うと先制攻撃ができます。
それができたときは良いのですが、先に襲われたときには相手の先制攻撃になり、戦闘が終わってもまた戦闘・・という状態になってしまいます。
そして敵の弱点を突く攻撃をしないとなかなか倒せません。

新しいダンジョンをスムーズに進めたいときは必要なアイテムや出現する敵の弱点を調べて、一緒に行動する仲間を誰にするのか決めてから始める必要があります。

下調べをしないとなかなか厳しいので、それが面倒です。

セーブするタイミングを見失う

ダンジョン内だとセーフルームと呼ばれる場所でしかセーブができません。
もし戦闘で負けると前回立ち寄ったセーフルームに戻されます。
そして日常生活を送っていても、私は夜の行動が終わったらセーブがしたいのですが、それができません。

夜の行動が終わると次の日になってしまい、イベントがはじまってしまうと落ち着くまでセーブができない状態が続いたりします。
セーブはもっと好きな場所でこまめにしたいです。

あとは、ダンジョンが1日(ゲームの中の)でクリアできない仕様です。そこがテンポ悪く感じてしまい、クリアしてもターゲットが改心するまで時間がかかるところが眠くなります・・・。

ターゲットが改心したところを早く見たいよ〜!!!

主人公は敵のペルソナを数体自分の能力として取り込むことができる特殊能力があります。
そのペルソナを合成する機能があるのですが、これもいろんなルールがあって難しいです。

ダンジョンと戦闘、合成についてはまだコツを掴みきれていません。
機能もまだ全部でていない感じだと思うので、進めてみます。

一番の魅力はキャラクター

キャラクターとストーリーが面白いので、シミュレーション要素の部分は色々試したくなります。
キャラクターが結構多くて、一緒に過ごすことが増えるとそのキャラ特有のパラが上がります。パラが上がるだけでなくキャラクターとの会話にも変化も出ます。
できることが多いだけに色々やりたくなります。何周か楽しめる感じですね。

とりあえず1周目クリアを目指します。

コメント

タイトルとURLをコピーしました