2020年12月13日(日)
1級2次試験対策!!!

色彩検定関連記事まとめ

幕張メッセ「8つの迷路王国」に行ってきたよ。

スポンサーリンク
お出かけ

こんにちは。‎@keiko_itamiです。昨日「8つの迷路王国」に行ってきたので、その感想を正直に書きます!不満を見たくない人は読まないでください。

恨みはないのですが、私は嘘はちょっとつけないので。
一個人の意見として楽〜な気持ちで見てくださいね。
 
 

スポンサーリンク

「8つの迷路王国」とは

イギリスの迷路デザイナーでありアトラクションクリエイターであるエイドリアン・フィッシャーがデザインしたマジックミラー迷路をはじめ、レーザー迷路、忍者迷路、チーバくん迷路、からだ迷路、恐竜迷路、不思議の国のアリス迷路、ふわふわ迷路の8種類の迷路が勢ぞろいするイベントです。

前売り券がお得でした!

調べた中で、セブンチケットの7月限定特別前売り券が一番安かったので、事前にこちらを購入しておいて行ってきました。7月19日までの販売だったので、現在はもう販売終了しています。 
もっと早く書いてよ〜ですよね、すみません、私も1週間切ってから知りました。


●7月限定特別前売券
※7/20(土)~7/31(水)の間のみ入場可能

販売期間:2019/6/1(土)~7/19(金)
・大人(中学生以上):通常前売価格1,500円→1,200円
・小学生:通常前売価格800円→600円
・幼児(3歳以上):通常前売価格500円→400円
 

チケットは現在セブンイレブンでペアチケットが少しだけ安いです。

●親子ペアチケット
販売期間:7/20(土)~9/1(日)
・大人1名+小学生1名:通常2,800円→2,600円
・大人1名+幼児1名:通常2,400円→2,200円
 

混雑具合について

7月21日(日)の午後3時半に着きました。イベントは4時半までです。全部回るのは無理だろうな〜・・・そんな風に考えていました。選挙もありましたし、そこそこ予定を詰め込んでの来場だったので遅くなってしまいました。
会場に入るには全く並びませんでした。
 

ですが、会場に入ろうと思ったそのとき不穏な案内が。8種類の迷路のうち、3種類で待ち時間が発生していました。
 

結果的に、マジックミラー迷路も待ち時間はなく、忍者迷路も5分も並びませんでした。レーザー迷路だけすでに案内終了で並ぶこともできませんでした。
 
 

迷路の難易度

うちは子供が小学1年生と年中なんですが、このくらいの年齢にちょうどよく感じました。
あまり迷路が広すぎても途中でトイレに行きたくなった場合や水分補給したくなった場合大変だからです。
 

不満点

一つの迷路が小さすぎる

8つの迷路王国

私個人としては会場を見て、「小さっ!」と思いました。

以前千葉県野田市の清水公園内アクアベンチャー内にある「巨大迷路」や、日光江戸村にある「忍者仕掛迷路」や「忍者修行の館」みたいな感じを想像していたので、全然物足りなかったです。

迷路デザイナーがデザインしたとされるマジックミラー迷路とやらも、鏡をたくさん使っているだけで、どこがそんなにすごいのかわかりませんでした。ご本人は見たのでしょうか?
地方の遊園地にいくと「鏡の館」みたいな名前で有料の迷路があったりしますが、そんな感じかも?入ったことがないのでわかりませんが。

迷わないので迷路ではない

どの迷路も5分もあれば出口にたどり着く感じで、案内終了してしまっていた「レーザー迷路」以外は入場から30分ほどで全て回れました。

清水公園の巨大迷路は出るまでに20分ほどかかりました。20分と聞くと大したことないと思われるかもしれませんが、夏の炎天下で3歳児を連れて20分迷うというのは結構きつかったです。階段もありますし。でも諦めないでゴールしたときは達成感を感じました。

8つの迷路ではなく1つの巨大迷路にしてくれたほうが楽しめたかもしれません。

途中で渋滞をする

本物のふすまにだけ列が・・・

上記の「迷わない」というところとちょっとかぶるのですが、例えば「忍者迷路」は、「途中で3つのふすまが出てきてそのうちの一つは本物、二つは偽物。本物を1発で当てられるかな?」というような道が出現します。
しかし本物のふすまの方から列が続いてしまっているので、すぐにわかってしまいます。

全体的に安っぽい

「不思議の国のアリス迷路」はまずやはり迷路で迷いませんし、途中まで進むとフォトスポットがあり、そこで渋滞。そのフォトスポットもなんだか安っぽくて、私は「不思議の国のアリス」が大好きなんですが、あんまりかわいくなくてがっかりでした。


「ふわふわ迷路」に関しては、壁がふわふわしているだけなので、あまりふわふわ感を感じません。ふわふわはやっぱり足元がふわふわして歩きにくいっていうのが楽しいものなので、「ふわふわ迷路」にしなくてもいいのではないかと思いました。


「からだ迷路」に関しては、過去のイベントで使ったものですよね・・・気づかなければよかったのですが、行っていない人ですら気づいちゃうってどうなんでしょう・・・
 
 

しかし子供たちは満足していました。

私と主人は「うーん・・・」といった感想なんですが、子供たちは楽しそうで満足していました。それが救いでしたし、子供たちが喜ぶと思って行ったので、まぁ行ってよかったのかな、と思いました。でもうちは小学1年生と年中の姉弟です。小学生高学年にもなると満足しないのではないかなと思いました。
 

迷路を楽しみたい人は常設されているところが良いかも!

今回我が家・・・というか夫と私は「迷路」をしたくてこのイベントに参加してしまったので物足りなさが残りました。

大掛かりな迷路を楽しみたいのであれば常設されている迷路にいくべきであるということはよく勉強になりました。

さらっと回れるので、未就学児と一緒に夏休みにちょっと近所でいつもと違う過ごし方がしたいという人にはおすすめかもしれません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました