2020年12月13日(日)
1級2次試験対策!!!

色彩検定関連記事まとめ

【西東京市】多摩六都科学館にいってきたよ

スポンサーリンク
多摩六都科学館に行ってきたよお出かけ

こんにちは。‎@keiko_itamiです。夏休み真っ盛りの週末!どこに行こうかな?と悩んで、多摩六都科学館に行ってきました!
 

スポンサーリンク

準備なく行けるのがいい!

土曜日は花火大会に行きました。そこで花火と共に燃え尽きて、日曜のことは何も考えていなかった我が家。しかし育ち盛りの子供たちは黙っているわけはありません。花火大会は徒歩圏内で行われるので、ついてくるだけの子供たちは、意外と疲れていないのです。 
 
出かけたい!でも今から準備はできない・・・。大型のプールにも行きたいのですが、プールに行くとなると飲み物を凍らせたりお弁当を作ったりという手間が発生します。そこで案として出てきたのが科学館でした。
都内の科学館でもお台場の日本科学未来館リスーピアは何度も行ったことがあるので却下。
千代田区の科学技術館は、花火大会で疲れており都心への運転をしたくないので却下。
ということで、多摩六都科学館に行ってみることにしました。
 
 

利用料金

券の種類大人小人 
(4歳〜高校生)
入館券 
(展示室)
500円200円
観覧付入館券 
(展示室+プラネタリウムまたは大型映像を1回)
1,000円400円
セット券 
(展示室+プラネタリウム1回+大型映像1回)
1,400円500円
上記の券にプラネタリウム 
または大型映像を1回追加
500円200円

(※2019年9月までの料金)
2019年10月1日からは消費税増税に伴い数十円の値上げがあります。

■駐車料金
普通車 30分ごとに100円(1日最大700円)
※入庫後30分まで無料、以降30分ごとに100円
 

ギネス認定を受けたプラネタリウム

2012年にリニューアルされたプラネタリウムは、ドーム直系27.5mで大きさ自体も世界最大級。2019年8月時点では日本で3番の大きさ。東日本では一番の大きさを誇ります。
 
リニューアルで導入された投映機「CHIRONⅡ(ケイロンⅡ)」は1億4000万個を超える星々を投映し、最も多くの星を投映するプラネタリウムとして世界一に認定されています。
 
こんな立派なものでなくてもよかったのですが、子供ができてからプラネタリウムは我慢していたので、久々に見られてとっても満足しました。

子供たちも楽しめたようです。おとなしく見ていました。
今、「仮面ライダー電王」を見ているので、夏の大三角形の「デネブは白鳥のお尻という意味」と聞いて笑っていました。
電王に「デネブ」というキャラクターがでてくるのです。
知っているところから興味を持ってもらえたらいいですね。
  

0歳からのプラネタリウム

ここ多摩六都科学館では、平日ではありますが、「0歳からのプラネタリウム」というイベントも行っています。
次回は2019年9月11日(水)。赤ちゃんがいてもプラネタリウムを見たい方は、こんなイベントだったら家族みんなで見られて良いですね!
 
 

プラネタリウムのチケット購入はお早めに!

上映15分前に科学館に到着したのですが、すぐあと14時からの回は満席になっていました。そのあとの16:30のチケットを購入して、企画展や常設展を先に回ることにしました。
 
 

クイズラリーカード購入

200円でクイズラリーのカードを購入。館内5つの部屋にクイズの機械が設置されており、正解するとポイントゲット!貯まったポイントでオリジナルアイテムと交換することができます。

交換できるアイテム
https://twitter.com/pegaroku/status/885788666785800192?s=20

上の子と下の子、それぞれに作りました。自分のカードがあると子供は喜びますね。クイズは大人でもちょっと難しいものも。展示を真面目に見て覚えていないと解けないようです。
 

いくつか見るのに時間がかかる展示も

プラネタリウムの時間まで2時間半もあって子供たちは飽きないか心配でしたが、全く大丈夫でした。むしろ足りないくらい。館内が意外と広く、5つの部屋+企画展の部屋があり、見るだけではなく体感型の展示も多いので時間がかかるものもありました。

チャレンジの部屋の「ムーンウォーカー」という宇宙を体験できる乗り物と、しくみの部屋の「進化の動物園」という車型の映像展示に時間がかかりました。

30分くらい並んだので、全て回りたいのであれば大人ひとりで連れていくのはキツイかもしれません。私が並んで、夫が子供たちと他の展示をまわってくれました。周りのグループもそんな感じで大人だけ並んでいました。あとの展示は特に時間をかけずに見ることができました。
 
 

小さなアスレチック

展示の合間にたまに出現する小さなアスレチック。
展示を見るばかりでなく、ちょっと身体を動かすような工夫があるので子供は飽きません。
大人が入る必要はないので、子供だけ疲れてくれる仕掛けがありがたい!

まとめ

ふらふら〜っと計画も立てずに行ってしまったものだから、もう少し丁寧にみたかったなと思うところもありました。どの部屋も面白かったですし、カフェにも入ってみたいです。
興味ある企画展のときにまた観に行ってみたいなあと思いました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました