2020年12月13日(日)
1級2次試験対策!!!

色彩検定関連記事まとめ

ブログ運営をPDCAにあてはめて実行してみよう。

スポンサーリンク
ブログ運営をPDCAにあてはめて実行してみようのタイトル画像Wordpress

こんにちは。いたみけいこ(‎@keiko_itami)です。

運営の「う」の字も考えず思いつくままに書いているこのブログですが、
たまに
「もうちょっと計画的にやったほうが良いのではないかな」
と思うこともあります。

そんなときに考えるのがPDCAサイクルのことです。
 

スポンサーリンク

PDCAサイクルとは

Plan(計画)

Do(実行)

Check(検証)

Action(改善)

Plan…(はじめにもどる・・・)

と、このサイクルを繰り返して運営していくことによって、サイトの成長を進める方法のことです。

シンプルな言葉だけに、何に対しても適応できますね!
 
 

PDCAにブログ運営の流れをあてはめる

ブログ運営の流れをPDCAサイクルにあてはめてみましょう。

Plan

・Googleアナリティクスの解析結果をみて、どんなユーザー層が見に来ているのか分析し、そのユーザー層に刺さる内容を考える。

・新規に見に来てほしいユーザー層を想定し、その層が集まるような内容を考える。

・よく見られているページを確認し、レイアウトを再考してそこから次のアクションにつながるよう計画する。

などなど。
 

Do

・Planで立てた仮説に基づき、記事の作成やレイアウトの変更、を行う。新しいコンテンツを追加してみる。
 

Check

・Doで実行した結果として、PV数やユーザー数、広告の収益などに起きたデータの変化を確認する。
 

Action

・Doで実行したことのうち、うまくいったところは残して、うまくいかなかったところは戻したり、別の施策に変更したりする(次のPlanに続く・・・)。
 

まとめ

やったことを検証して計画たてていこうね、ってことですね。

書くことないな、とか内容に迷ってしまったときは、

これらを考えると落ち着いて良い方向に持っていけることと思います。


このブログは休みやすみ2年半くらい運営していますが、書きたいことばっかり書いていて全然検証していないのですよね。書くのが好き、作るのが好き。

でももっと数字にこだわってみようかなと思い、最近ブログのPVをあげてみようかなと思いはじめ、色々本を読み漁っているところです。

こちらの内容は以下の本にも書いてありました。

小さな会社のWeb担当者のためのコンテンツマーケティングの常識
Amazonで染谷 昌利の小さな会社のWeb担当者のためのコンテンツマーケティングの常識。アマゾンならポイント還元本が多数。染谷 昌利作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。また小さな会社のWeb担当者のためのコンテンツマーケティングの常識もアマゾン配送商品なら通常配送無料。

コンテンツマーケティングの基本や情報発信術、コンテンツ作成術、運用術やSEOについて、
大事なところが広く浅くまとまって書かれている初心者向けの本で、読みやすかったです。
 

PV少ないなと落ち込む前にできる施策を考えましょう。考えすぎるあまり更新が面倒になって閉鎖、ではもったいないので、一緒にひねり出していきましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました