2020年12月13日(日)
1級2次試験対策!!!

色彩検定関連記事まとめ

色々あるけど、どれがいいの?こども向けクレヨン5種比較。

スポンサーリンク
子育て

 

お絵描き遊びは手軽にできて危険も少なく、いつでもできるのでよくします。
机に紙と画材を置いておけば、こどもたちは勝手に書き始めてくれます。

こども向けの画材は色々あり迷ってしますね。
うちで主に使っている5種を紹介します。

 

 

クレヨン・マーカー

ベビーコロール


舐めても大丈夫な素材ということで、長女が1歳前に購入。
お絵描きもたまにしましたが、それよりは積んで倒して遊んだり、手に持ってコロコロしたり、感触を楽しんでいたようです。
いろんな色に触れられて楽しいのではと思います。
この時期は描きやすさよりも安全性の方が大事なので、赤ちゃん時期にはいいんじゃないかと思います。

 

サクラクレパス


通っていた支援センターの先生にいただきました。
普通のクレヨンです。
クレヨンの周りを紙で巻いてありましたが、すぐに取ってしまいました。

すぐに折られてしまいます。が、1/2以上は折らないようですし、サイズも問題ないようなので、見た目の問題だけであまり気にしなくても良いのかもしれません。すごく汚いですが、描いてしまえば色はそれほど混ざりません。

 手が汚れるけれど発色も良く、子供たちは結構好きみたいですね。
時間があるときはこのクレヨンを出してあげています。

 

 

さんかくクレヨン


くもんのさんかくクレヨンは握りやすく、折れにくいとのことで購入しました。
が、開けたその日に3本折られました(涙)。
あまりに折られるので、ネットでみた裏技を使ってくっつけてみたのですが、ボロボロに。

ボロボロなんですが、案外子供たちは気にせず使ってくれています。
手は汚れません。持った感じは太いクーピーのような感覚。

 

 

くるりら


支援センターで使っていて、私が使い心地良く、購入。
他のものと比べて細めなので、文字も書きやすいです。
絵を描くときの他にこどもちゃれんじをするときに使っています。
こどもちゃれんじではめいろや印をつける間違い探しの問題の時に使っています。
くるくると口紅のような感じで少しずつ出して使うのですが、たくさん出してしまって折ったり引き抜いたりしてしまうことがあります。うちは買った当時2歳だった弟には触らせないようにしていました。

当時4歳の娘は1、2回繰り出してしまった事がありますが、「使えなくなってしまうから繰り出しすぎないでね」と声がけしたらそれ以来はきちんと使えています。

お子さんによりますが、低年齢の子にはもう少し単純なつくりの画材が良いと思います。

 

 

洗たくでおとせる ふとふとマーカー


私の使っている油性マーカーに興味を示していたので購入。
洗濯で落とせると書いてありますが、やはりなかなか落ちません。
普通のよりは気持ち落ちやすいような・・・程度。
汚れても良い服を着せて書かせています。

発色が良いので子供は喜んでお絵描きしています。

 

 

描きくらべ・まとめ

塗りがしやすいのは、クレパス。

文字が描きやすいのは、くるりら。

鉛筆持ちできなくても握りやすいのは、さんかくクレヨン。

割れにくく安全性が高いのは、ベビーコロール。

マーカーを楽しみたいなら、ふとふとマーカー。

 

 

いろんな形を描く事や色を楽しむことも大事だけど、描き心地や握り心地、感触もそれぞれ違います。

色々使わせてあげたいです。

 

 

 

おまけ-これも買った-

日本理化学 おふろdeキットパス 3色

お風呂で書けるクレヨンです。石鹸でできているようです。 楽しいのですが1週間もちません・・・。そしてお風呂の色が変わります・・・。 肌が荒れるというようなことはありませんでしたが、子供達アトピー持ちなので気になります。 なのでリピなしです。 買うなら100均でいいかな、という感じです。

 

 

チョーク

子供用のイーゼルについてきました。 2歳の子供が舐めてしまいます。どこにも描きやすいのはいいのですが、壁にも描き始めてしまいます。すぐ折るし部屋も汚れるので、小さい子にはお勧めしません。上記のダストレスタイプなら大分お粉も少ないとは思います。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました