2020年12月13日(日)
1級2次試験対策!!!

色彩検定関連記事まとめ

卒乳後、垂れ乳に焦る私に子供からの容赦ない一言が突き刺さった。

スポンサーリンク
子育て
こんにちは。@keiko_itamiです。
私には子供が二人います。
 
出産後、すくすく成長していく子供を見るのは嬉しいものですが、ふと自分の姿を見て凹んでしまうことはよくあります。
胸の形もそんな悩みの一つ。
 
授乳期間中にバスト崩れの予防法を見ることもありましたが、一人目育児中は毎日新しい悩みも生まれていく時期。二人目以降はダブルで子供のお世話、自分の体型を気にする余裕はありませんでした。胸の形?今はそれどころじゃない。そんなところでしょうか。
でも卒乳後の自分の胸を見てがっかり・・・。私は何か間違えたのかな?そんな考えが頭をよぎります。
 
 

授乳期間は

長女1歳4ヶ月まで授乳していましたが、弟くんを妊娠し、卒乳。弟くんは1歳6ヶ月で卒乳。一人目卒乳後の妊娠期間中は胸が大きくなるので、「垂れた〜」という感じはありませんでした。
卒乳と書きましたが、二人とも断乳しました。ひどい母親だと思われるかもしれませんが、あげるのが嫌になってきたからです。もうだいぶ大きくなっていましたし、食事もあまり食べなかったし、噛むし(笑)。妊娠期間から合わせて4年以上の時間になりますから、私自身も内視鏡を受ける機会があったり体調を崩したときには薬も飲めないし、授乳していると不便に感じることもありました。母子ともに状態が落ち着いているときに卒業したほうがいいな、と判断しました。
 
 

子供の言葉「なんで下になった?」

卒乳した時点で1歳半なので、弟くんもお話できていました。
子供は正直です。思ったことを、すぐに口にします。
 
卒乳後のある日、お風呂に入ったとき弟くんに言われました。
 
「ぱいぱい何で下になった?」
 
これはちょっとショックでした。それだけでなく外でもいうから困ります。
「ママなんでぱいぱい下になった?」って。
恥ずかしいし、聞こえた人も困りますよね。
それからしばらくの間は毎日言われました(涙)
 
言われた時は怒ったりはせずに「弟くんがぱいぱいの中身を飲んじゃったから無くなっちゃったんだよ。中身が無くなって皮だけ伸びちゃったんだよ。」と普通に答えていました。
 
 

どんな感じになったの?

一言で言うと温泉で見たことがあるおばあちゃんみたいなおっぱいになりました。
垂れて、伸びて、シワシワ。
膨らませて何日かして空気を抜いた風船のような感じでした。
 
こんなんなっちゃうんだなー、もう一人子供作ろうかなー。でも3人4人と増えるともっと伸びてシワシワになっちゃうのかなー?しかもいつか終わりは来るわけだし・・・若いときに産んでいたら大丈夫だったのかなー?
 
そう思いました。
 
 

母乳育児のメリット

母乳育児のデメリットを実際目の当たりにしてしまい自分の体の変化に驚いた私。
でもメリットはたくさんあるはず。そこで母乳育児のメリットをおさらい。
 
母親側のメリット
・体重がすぐ元に戻る
→出産時+8キロ、産後ひと月で戻りました。
 
・大きくなった子宮も戻るのが早くなる
→これは自分だとちょっとわからないです。
 
・乳がんや卵巣がん、骨粗しょう症になる頻度も下がる
→ありがたい。
 
・ミルク代がいらない
→金銭面だけでなく買いに行く手間とかゴミを廃棄する手間がなくなるのは大きなメリットだと思います
 
・赤ちゃんとの愛着形成が進む
→個人的にはこの赤ちゃんに母乳をあげているときは今までに感じたことのない幸せを感じました。
 
赤ちゃん側のメリット
・感染症にかかる率が低い
→二人目は1ヶ月の時RSにかかった
 
・乳幼児突然死症候群予防
→生きています。ありがたい。
 
・顎の発達を促す
→よくわからないですね。比べられないし。
 
考えて見たら、体も胸だけ見ると凹むけれど、全体でみれば出産によって激太りした!というようなことはないので、崩れていません。
「もっとおおらかに見てよ〜」そう自分の体も言っていることでしょう。
 
 

卒乳から約2年後の様子

卒乳直後よりも状態は良いです。妊娠前とまではいきませんが、シワシワはなくなりましたね。
あまり胸のケアのことは考えずに過ごしてきました。仕方ないな、と。それでも改善はしてきました。
これがよかったのかな?と思う生活習慣を挙げてみます。
 
 
・半年間ジョギングした
・毎日スクワットしている
・特に決めていないけど、体に効きそうな動きを意識している
・おやつにお菓子はやめて、ナッツやバナナにした
・ささみをよく食べるようになった
・キャベツをめっちゃ食べた時期があった
・下着をちゃんとしたものに変えた
・毎日ではないがお風呂上がりにクリームを塗る
・たまにマッサージしている(乳がんも気になる)
 
 
簡単に言うとあんまり太らないように気をつけたのと、軽い運動をしたり、野菜やタンパク質はちゃんと摂るように心がけました。それと乳がんチェックも兼ねて胸にクリームを塗りマッサージをしたり、下着はサイズを見てもらってちゃんとしたものを購入しました。
これをすると良いよっていう情報ではありません。
生活習慣についてはちょっと考えて過ごしていましたよ、そうしたら(かどうかはわからないけれど)少しずつ落ち着いてきてシワシワはなくなりましたよ、ということです。
 
 

授乳中は最高に幸せな時間だった

たまに自分の体を見てがっかりすることもあるのですが、この記事を書いていて
 
「授乳している時って最高に幸せだったな」
 
と言う気持ちを思い出しました。
ほんの数年前のことなのに人間は忘れっぽいですね。
 
この時の幸福感だけでも充分に母乳育児をする意味はあります。何事にも代えがたい私の大切な記憶です。
小さなこと(=胸の形)はできる範囲でケアして、たまには幸せだった時の気持ちをこんな風に思い出すことも大事ですね。
今弟くんは3歳を過ぎました。この春から幼稚園に入園です。小さくなったとか下になったとか色々言われましたが、今だに私が困るくらい触ってきます。形なんて関係なく大好きなんですね。
 
母乳で大きくなった子供達。これからもますます成長していきますが、こんな幸せをたくさん作っていきたいです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました