2020年12月13日(日)
1級2次試験対策!!!

色彩検定関連記事まとめ

ムズムズくしゅん。辛い季節がすぐそこに。花粉症対策は症状が出る前に!

スポンサーリンク
暮らし

こんにちは。

‎@keiko_itamiです。

 
2018年、今年も花粉シーズンが到来しました。
 
私の鼻レーダーも先週金曜あたりから感知し始めました・・・ムズムズツーン。
 
 
 

病院に行くなら本シーズン前に!

本格的な花粉シーズンに突入するのはシーズン開始の1週間〜10日後です。
本格的に突入すると、病院がすごく混みます。
 
 
インフルもまだまだ患者さんが多い時期なので、病院に行くのを躊躇ったりするのですが、
私は昨日、最寄り駅から少し離れた病院にいきお薬を出してもらってきました。
1人待つだけだったので15分くらいで済みました。
混んでしまうとおそらく数時間は待ちます・・・。
 
 
診察代と合わせると3000円(診察代+飲み薬代+点眼薬代+点鼻薬代)くらいかかるので、我慢しようかな?と思ったりもするのですが、結局耐えきれず病院に行くことになります。やはり薬の力は偉大です。この時期だけですしね。ですがそう思った頃には病院は同じような人が集まり激混みです。
 
 
毎年飲んでいる人は、環境が変わらなければ急に治ることはないので、混む前に病院に行ってしまったほうが無難です。
 
 
行こうかな、時間はあるけど面倒だな、と思っている人はすぐにいきましょう。
 
3月に入ると急に病院が混み出します。
 
 

都内では二人に一人が花粉症

花粉症とは、花粉が原因になって発症する主にアレルギー性鼻炎とアレルギー性結膜炎をさします。
加齢とともに重症化する傾向にあり、基本的には放っておいて治るものでもありません。
なので花粉症人口は年々増加傾向にあります。
 
東京都の調べでは、最重症・重症・中等症・軽症合わせて62.3%の人が春の鼻炎症状を訴えています。かなり多いですね。
 
私も上京した年の春に花粉症になりました。
 

花粉対策いろいろ

規則正しい生活をする
これが基本です。同じ花粉の量でも、きちんと睡眠や食事が取れていて体調の良い状態なら症状が軽めになったり、逆に疲れている状態だと重めに出たりするものです。
 
 
マスクを装着
マスクをきちんとした状態だと、花粉の飛散量が多い時期で1/3〜1/6に減らし、鼻の症状を少なくすると言われています。現在花粉症でない人も予防として効果があります。
 
 
メガネを装着
メガネもきちんと装着すると、目に入る花粉を飛散量の多い時期で1/2から1/3に減らすことができると言われています。完全に防げるわけではありませんが、効果はあります。
 
 
帽子・マスク・マフラーを装着
表面に出ている部分には花粉が付着しますので、こういったものを装着し、家に入ったらコロコロで取ったり掃除機で吸うなどすると、花粉が体内に入ることを少し防げます。
 
 
コートは花粉の付きにくい素材にする
ウールは静電気により花粉が付着しやすいです。ポリエステルのようなツルツルした素材のアウターなら付着しにくく、取り除きやすいです。この時期は素材に注意!
 
 
空気清浄機を使う
多くの花粉は人の帰宅時と一緒に玄関から入ってくるため、玄関に置いておくと効果大です。
玄関が狭くて置けない?うちもです・・・。
そんな人も、リビングでもいいので帰宅後は意識して空気清浄機をかけるようにしましょう。
サキュレーターを併用すると効果UP!
 
 
 
帰宅した時は服を払い、うがい手洗い洗顔
体の外側に花粉は付着しているので、帰宅前に払ったりコロコロで拭き取ると効果があります。
うがい手洗い洗顔もして、体に付着した花粉も取りましょう。
 
 
布団は布団乾燥機で
冬から暖かくなってきて布団を干したくなる時期なのですが、もう少し我慢。
布団乾燥機を使うか、どうしても干したい時は、干し終わり取り込んだ時に掃除機で吸って花粉を取り除きましょう。
 
 
洗濯物は室内干し
布団と一緒で、花粉が付着してしまうので、なるべく室内干しが好ましいです。
 
 
家をモップ・雑巾掛け
家に入った花粉は時間が経つと床に落ちます。
掃除機だとホコリと一緒に舞い上げてしまいますし、掃除機のフィルターは高性能なものでないと花粉より大きめなので、掃除機と一緒に排気されてしまい意味がありません。
オススメは朝一の誰も歩き回っていない時間にモップがけをすることです。夜寝ているうちに舞い上がったホコリが地面に落ちているためです。ワイパーだと手軽でいいですね。
 
 
症状が出る前に経口アレルギー治療薬を服用
症状の軽いうちにお薬を飲み始め、シーズン中も継続することにより比較的症状が軽く済みます。
症状が重くなるまで我慢したい気持ちもありますが、本シーズンはあっという間にやってきます。
早めに飲み始めてしまうのが長い目でみると良いです。
 
私は以前、2月の雪山で多量の花粉を取り込んでしまった年がありました。
白馬だったのですが、テレビで見たことのある、黄色く見えるくらいの花粉が飛んでおりました。
そのシーズン、薬も飲んでいたのですがずっと例年より重い症状で過ごすことになりました・・・。
症状はなるべく出さないほうがいいようですね。
 

 

市販薬と処方薬、どっちが安い?

冒頭の繰り返しになりますが、昨日病院に行ってきました。
 
 
診察代1050円に、お薬代(アレグラ錠のジェネリック30日分+点眼薬+点鼻薬)が2080円で、
 
合計3130円かかりました。
 
お薬代は、内服薬だけなら1065円前後(調剤料など含む)です。
 
点眼と点鼻薬がいらなければ診察代とお薬代で
 
2115円/30日分くらいです。
 
 
市販薬になると、今回処方されたアレグラ錠で調べると、amazonだと1500円前後/14日分です。
3000円/28日分くらいです。
近所のドラッグストアだと1800円代だったので、もっと高いですね。
 
花粉シーズンはゴールデンウィーク前あたりまで続くことを考えると病院で処方してもらったほうが安く済みそうです。
病院にすぐ行けない時などは繋ぎで市販薬を利用するのもいいですね。
 
 
 
 
 
できる対策をして春を楽しみましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました